<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< デニム素材のレギンス買いました。 | main | ラムネでブドウ糖を補給してみた。 >>
# ていねいと、身の丈の折り合い
毛がボッ
引っ越ししたてのころ、
鍋で昆布とかつおの合わせだしを取ることに
謎の闘志を燃やしていました。
いろいろな生活系の本にだしをていねいに取ることが、
とても良いことのように書いてあったし、
あたらしい生活がはじまった腕まくりごころで、
自分もはりきっていたんだとおもいます。


しかし、一回ぶんに取れるだしがだいたい1リットルとして、
朝晩の味噌汁に使えばすっかり消失するので
毎日だし取り作業をするのは、
地味にたいへんなものだなーとおもいました。

それでも、うす黄色のだしを鍋から
ピッチャーに移すとき、少しばかり
誇らしいような気持ちがありました。


昆布が小さな気泡をたてる瞬間を見逃さないように
じっと鍋を見つめてる時間は、心にたっぷりと余裕があるときは
なんだかいい時間だな、と思うこともできたのですが、
仕事がたてこんでいたり、他にどっさりやることがあるときは
貧乏揺すりで、はやくはやくー!と急き立てたくなるような心地で、
もしかして、この作業がわたしはあんまり好きじゃないのかも、
と思いはじめました。


しかし、最初の1ヶ月くらいで根をあげていてどうする、
という謎の使命感にかられ、毎日だしを取りつづけました。
ついでにお米も、いろいろな本のなかのひとが
鍋で炊いておられたので、そっくり真似しました。
「ていねい」な生活にひたすらあこがれていました。

しかしその結果、一ヶ月後のガス代は1万4千円!!
白目にて卒倒!!!

そのころ真冬だったせいもあるかもしれませんが
それにしても二人暮らしでこれは高すぎると思うので、
だしや、ごはんの丁寧仕様は
とくべつに気合を入れたい日にだけ行うことにしました。
それまでは封印!!


だしいれ

そんなわけで、現在の日々のだし取りは
ピッチャーに水をいれて、そこに
だし用の昆布を投入。
一晩放置した昆布水をお味噌汁のベースにつかって、
仕上げに無添加のかつおだしの粉末を
いれる簡単なやり方にしました。


ピッチャーはこちらをつかっています。
ボルミオリロッコ フリゴベールジャグ ...

ボルミオリロッコ フリゴベールジャグ ...
価格:1,544円(税込、送料別)



粉末だしは近所のSEIYUにころがっていた
これを愛用してます。
240円くらいで、2〜3週間もちます。
ぐうの音も出ぬほどかつおの味しかしない!!
というところが気に入っています。
だし

これは、わたしにはちょうどよいやり方でした!!
一応、昆布からはイージーモードとはいえ
ちゃんと出汁がとれておりますし
粉末だしは、一応無添加!!という
免罪符によって、なんとなく自分のなかの
丁寧にしたい欲を、満たしたつもりになっています。
ガス代は一気にやすらかになって、
いまは夏のせいかもしれませんが5千円をきりました!


すてきな本を読むと、ついついなんでも憧れて
まねしたくなってしまうんだけど、身の丈の定規をあてながら
できる範囲のことをやっていきたいとおもいます。


ランキングに参加しています◎ ↓
クリックで応援してもらえたらうれしいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村


 
| comments(0) | - | 19:13 | category: ためしてよかった家事 |
コメント
コメントする









プロフィール
profile
身の丈の範囲で、
たのしく暮らす工夫をしたい
イラストレーターの
ブログです



・instagram:@takesuka

・本館:ミミノコルーム

・以前のブログはこちらです。
Wish List
コメント
twitter
Wish List
Search this site
Sponsored Links