<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大きいふわたまご出来ました。 | main | 好きな本を12冊紹介します。 >>
# ねこがうちに来て1ヶ月ほど経ちました。

 

ふいに居間にいくと、ソファにのびている
毛のかたまりにいつまでも慣れません。
わーっ!猫がいる!!!と何度でもびっくりしてしまう。
現実とは思えない気持ちが
まぼろしのように、ずっと続いています。


いままでは、起きていちばんに
スマホを手探りでさがしていたけれど
現在は、小さい毛むくじゃらの居場所を、
そのへんのシーツを撫でさすって
捜索するところから一日がはじまります。
目を閉じたまま、毛にふれると
かすれた小さな声が「ミー」と聞こえてきます。


猫の名前はいもむしといいます。
ひどい名前に感じるかもしれないけれど、
うちに来たばかりの頃、
ばくばく体いっぱいに、大食いするものの
おなかが弱く、回虫がおり、
胸がしめつけられるほどに細かったので
たくさん食べて、あの絵本の虫みたいに
ぷくぷくになってほしいなあと思ったのが
名前の由来です。

(そして、その後「はらぺこいもむし」ではなく
「はらぺこあおむし」だったことを後日知りました…笑)

 

いもむしは、とにかく抱っこがすきです。
抱っこしても怒らないどころか、
一日に猛烈に抱っこしてほしいときがあるみたいで
「だっこ、だっこ、だっこだー!!!」と大泣きします。
夕方くらいに、細く弱々しい声がきこえてくると
もう何をしていても放り出して、投げ出して、
「ごめんごめんごめんね。だっこだね〜。」と
でろでろになっています。

 

実家にいたころの私は、ねこにはどちらかというと
嫌われていて、つれない態度を取られがちだったので
(それすらも嬉しいくらいだったんですが!)
こんなことが、我が身におこるなんて!!と
抱っこをねだられる光栄をひたすらに

かみしめています。


そうそう、夫が子猫をだっこするとき
人間の赤ちゃんを抱っこするときのように
ゆらゆらあやすんですが
これが、まったく実家のねこに対する
父と同じで、ねこが少し迷惑そうなところも
全く同じで、吹き出してしまいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

猫を迎えるにあたって、大慌てで
いろいろと買い揃えました。
買ったなかでこれはすごい!と思ったのはこちらの袋です。

 

うちは古い賃貸なので、いろいろとガタが来ており
トイレに猫うんちを流して詰まったら
えらいことになりそうなので、
可燃ごみで捨てています。
ねこはひたすらかわいいけれど、
うんちさんの処理はそれなりに臭いのです。
嘘です。激臭です。夏はやばいです。

ふつうの袋に、猫のぽろぽろを次のゴミ出しの日まで
保存しておりますと、鼻がもげますし
気がついたら、amazonのウィッシュリストに
ガスマスクを入れてしまいそうなレベルです。

それが、この袋はすごいです。完全なる無臭です。
この袋に入れたら、たとえ居間にころがしていたとしても
気がつかないくらい無臭です。
くさくさにお困りのときはぜひともおすすめしたいです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています◎ ↓
クリックで応援してもらえたらうれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村
 

| comments(0) | - | 18:28 | category: - |
コメント
コメントする









プロフィール
profile
身の丈の範囲で、
たのしく暮らす工夫をしたい
イラストレーターの
ブログです



・instagram:@takesuka

・本館:ミミノコルーム

・以前のブログはこちらです。
Wish List
コメント
twitter
Wish List
Search this site
Sponsored Links