<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 鍋がいっきに楽しみになる本。

 

こんにちは!たけのこスカーフ(@takesuka)です。

冬のあいだ、どれだけ鍋のお世話になったことでしょう。
献立を考えずに済み、野菜がいっぱい取れて、
切って放り込むだけで出来る、秋冬の救世主。

 

しかし、もう2月も後半ともなると、スーパーに売っている
鍋の素は全てのスープを試しましたし、
とりあえず白菜と肉or魚!!と、具も完全ルーチン化しており
鍋を食べる楽しみが、目減りしておりました。

 


そんなときに、こちらの本を本屋さんで見かけて
これは・・・!!と思い、購入しました。
気軽に作れる小鍋のレシピがたっぷり載っています。

 

10分で作れる簡単鍋
家飲みにぴったりなおつまみ鍋
ひと手間かけた激うま鍋
疲れたときに効く薬膳鍋…などなど


目次をみるだけで、おいしそうでくらくらします。


ふだん作っているものに近いのもあるけれど、
まったく思いつかなかったものも
たくさんあって、マンネリ化した鍋が
一気にはなやぎそうです。

 

さっそく作ってみたのは
「鶏ひき肉と小松菜のかき玉鍋」

 

あたたまった豆腐といっしょに食べる
たまごのふわふわは、幸せのかたまりです。

 

なんとなく、鍋に卵は雑炊段階に入らないと
投入してはいけないものかと思い込んでいたのですが、
最初からクライマックスでもいいんだ!と
一気に嬉しくなってしまいました。

ぽかぽかとやさしい味で、
これはきっと具合が悪いときにもよさそう。

 

他にもまだまだメニューがあるし、
ちょっとした鍋に役立つ
ワンポイントレッスンもあるので
末永く読み込んで、使いまくりたいです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まいにち小鍋 [ 小田 真規子 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)

++++++++++


実は、我が家は二人暮らしであるものの
ごはん事情は、かぎりなく一人暮らしに近いのです。
朝は一緒に食べますが、夫の帰宅時間の都合上、

だいたい夕食は、ひとりごはんです。


そういうときは、むろん一汁三菜なんて作らずに
よく小鍋を食べているのですが
だいたいはテキトーに、残り物をぶちこんだ汁でした。


でも、この本を参考にちょっと簡単にでも
おいしい鍋を作ってみたら、ほくほくした気持ちに
なれそうな気がしてきました。。

(すごく簡単なものもいっぱいあるのです)


ちなみに小鍋するときは
このストウブの小さいサイズ(12cm)を愛用してます。

 


これは自分が実家に居た頃より、愛用していた
数少なき台所用品のひとつなのですが、
ひとり鍋にとてもおすすめです。

ここに全てを放り込んで、煮込めばあっという間に
とろとろになって、鍋のまま食器がわりにできます。
こんなに小さいのに、質実剛健ぶりは変わらず
蓋にも重量感があるところが、なんとも良いです。

 

(トラベラーズノートのパスポートサイズを

近くに置いてみました。ひとり鍋にぴったりのサイズです!)

 

最初はこんな小さい鍋、

ふだんどうやって使うのだ…と思ったんですが、
めちゃくちゃ気軽にガシガシ使ってます。
ちょっとかぼちゃを煮たり、大根の下茹でをしたり
野菜をサッと蒸すなら、俺を使え!!というかんじで
使わない日はないくらい、活躍しています。
一人暮らしの方にも、家族暮らしの方にも、
とてもおすすめです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています◎ ↓
クリックで応援してもらえたらうれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村


 

| comments(0) | - | 18:23 | category: おすすめもの |
プロフィール
profile
身の丈の範囲で、
たのしく暮らす工夫をしたい
イラストレーターの
ブログです



・instagram:@takesuka

・本館:ミミノコルーム

・以前のブログはこちらです。
Wish List
コメント
twitter
Wish List
Search this site
Sponsored Links